• TEL: 052-961-1709
  • 赤ちゃんから大人まで、名古屋栄のてんかん専門クリニック

クローバー定義



神経細胞の過剰な放電(てんかん放電)によって、繰り返し症状(てんかん発作)が起こる脳の慢性疾患で、その原因は様々である。(J.H.ジャクソン 1870年)

てんかんとは、主々の成因によってもたらされる慢性の脳疾患であって、大脳ニューロンの過剰な発射に由来する反復性の発作(てんかん発作)を特徴とし、それにさまざまな臨床症状及び検査所見がともなう。(「てんかん辞典」:WHO-世界保健機関-)

クローバー小_白

黄色い点人間の脳の中では、いろんな指令が出され、その指令に従って体が動きます。

黄色い点「神経細胞」が、「放電」された「信号」を受けることにより、体の適切な箇所に指令を出します。つまり、電気放電により神経細胞の動きを調節しているのですね。

発作は、この神経細胞を調整してくれるはずの「電気放電」が、何らかの理由で異常発生し、神経細胞が本人の意思とは関係なくいろいろな症状(運動や感覚の異常)を起こします。

クローバーこれまで、定義にもあるように、この発作がなんども繰り返し起こることが「てんかん」と、されてきましたが、最近では「少なくとも一回のてんかん発作があること」と改められました。